2010年07月22日

【駄文】新型マーチ.【長文】

さて、こげまつりさんのところで記事になってたので書いてみるぜ!

新型マーチ http://www2.nissan.co.jp/MARCH/
について.

ざっと、スペックを見たところでポジティブ・ネガティブポイントを挙げていくとすると

P
・前型より「女性向け」ぽさが消えた
・ベースグレードにアイドリングストップ
・軽量化による燃費向上(運動性能もあがるね)

N
・アイドリングストップ用にバッテリが大きくなり、その交換費用が大
・キセノンライト(HID:High-intensity Discharge)未設定
・部品点数 3割減によって若干チープな感じを受ける(まぁ、値段相応とも言う


別にタイ生産が悪いとは思わないなぁ.
南アフリカ生産のBMWとかベンツに乗ってるじゃんか、みんな.
ただ、BMWやベンツは日本において「高級車」に分類されてるからか、
「価格が高い=品質もそれなりに良い」って思い込んでるふしがあるからな.

タイやインド製の品質が日本に劣るのは確かだと思う.
しかしながら高品質であることと、低価格であることは同時に達成できないと思います.
だからユニクロはほとんどの製品が中国製なわけだし.

そもそも、昨今材料費や資源の高騰があるってのに値段が下がったんだから凄いことだと思うぜ
Z12キューブなんか20万くらい上がらなかったっけ?新型発表時に.

もともとマーチ自体160カ国で売るとか、世界戦略車なわけで
ハンドル位置とメーター以外はほとんど共通設計部品を使うとすると
ああいったデザイン・性能にならざるを得ないと思うわけです.

なぜならケータイを見てて思うに、ガラパゴスケータイ(何でもついてるケータイ)を要らないって思った人が
iphoneや他のスマートフォンを買いはじめたってだけで、世界ではそもそも日本製ケータイ自体売れてない.
自動車も同じで日本人の要求に合わせた車両を世界で売ろうとしても買ってもらえない.
日本ローカライズすることで市場を狭めることは、自動車などという部品集合体には望ましくない.

マーチ発売に関するニュースへのコメント(Yahoo!とか)見てておもうのは
「日本で走る車くらい日本で作れ」というコメントが結構あること.
たぶん、日産を日本企業だと思っているからなんだろうけど・・・

だったら日本で着る服も、食べる野菜も、普段使ってるもの全て可能な限り日本製を使ってくださいよ.
日本国内製が高くて売れない=買ってくれないから海外製品が売れるようになるんじゃん.

日本人は、「必要の無い装備」まで求めすぎなんだと思うんだよね.
ABS・EBDはマーチにも搭載されているが、VDC(横滑り防止装置)をオプションで設定しろというコメントもあった

そんなの使うようなシーンは車のライフサイクル上、どれだけありましたか?

ウチはスカイラインに乗ってて、雪道での坂道発進時にVDCが働いているのを感じたくらいで
むしろVDCをOffしないと発進できなかったことを考えると、必要なシーンってそうそう無いと思うんだが
「8人乗りをいつも一人で運転してる」のと同じで何時か必要になるかもしれないなんていう「妄想」に取り付かれてるだけだと思うんだよなぁ

オプション設定して、そのオプションが10万円だったとしたら
「もっと安くしろ、標準設定しろ」っていうくせに
標準設定してみたら
「そんな装備は不必要だ、オプション設定しろ」って言うんだよなwww

日本はヘッドオフィスであって、価値を創造する場所.高品質でなければいけないものを作り出す場所.
だから電気自動車やハイブリッドは日本で生産する.


これでいいと思うんだけどね.
空洞化を叫ぶなら、電機業界や衣料業界にも叫んであげてください.
むしろ機械化勧めたら人が要らなくなったってだけだがね!

でも自分は次の車はマニュアルが欲しいと思ってるので、買うか?といわれたら買えないということになるんだがwww

今週末にでも試乗してくっかねー.
posted by CaY at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 【自動車・バイク】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157120041
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。