2011年03月14日

東北・関東大震災に関して

ずいぶんとこちらを更新してませんでした.
今後はこちらも更新できるよう頑張っていきたいと思います.

表題の件については,ここまでの被害になるとは思ってなかったというのが本音です.
耐震・免震化されてきているからか,地震自体では大きな被害が無かったものの
5m級の津波しか想定できていなかった防波堤では,
今回の10m級といわれる津波には耐え切れなくてもいたし方ありません.


余震の震度,神奈川県で震度1程度でも目が覚めるようになりました.
今までの自分では信じられないくらい敏感になっています.


さておき.
福島第一原発の炉心溶融が話題になっていて
西方に逃げる人も多々出てきているそうです.

再臨界の可能性は限りなく低い.
チェルノブイリ級の事故にはなりえないという報道もあり.
ただし,スリーマイル島級の事故にはなりうると.
スリーマイル島の事故では,被曝による身体被害者も居なかった?
というWikiの記事もあるくらいなので
実は,報道が過熱するほど心配はしていなかったりします.

どのみち,海水を入れた以上,福島原発1号機から3号機は封印するしかないわけで
4号機から6号機も,住民感情を考えたら破棄せざるを得ないのでしょう.
ただし,関東近辺の電力需要を賄うにはどうしても原子力発電が必要になると思います.
今,ヤシマ作戦などの活動によって節電が叫ばれ
計画停電などで電力需要をなんとかしていますが,
このままの生活を延々と続けられるかといわれると,難しいのではないかと.

かといって,電力需要をピークまで持っていくと
どう考えても原子力発電が必要になる.
被爆が怖いから原子力を使わないのであれば,火事が怖いから火力は使わないのか.
水害が怖いから水力は使わないのか.そういった,揚げ足取りの議論にしかならない気がします.

なので,より安全に運用するために今回の事例を教訓にするしかなく
その被害を全て甘受しろとは言わないけど,一定量は受け入れるしかない.


難しい課題ではあるけど,みんなでやっていくしかないよね.









それにしても,市民団体の行動は不可解だ.



posted by CaY at 22:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 【社会】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひとまず無事なようで何よりです。
本当に地震には敏感になりますね。
Posted by こげまつり at 2011年03月15日 01:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/190625131
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。