2008年04月22日

光市の母子殺害事件

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080422-00000006-maiall-soci

死刑判決が出ました.
まぁ、弁護団は即時上告したそうだけど.


差し戻し審理してもまた上告って出来るんだねぇ
今回が最終審理かと思ってたさ.


基本的に、殺人の罪は法律としては
1人でも殺したら死刑になるわけで.

今回の事件は供述が入れ替わったり、
荒唐無稽というか、どう考えても常人の言い訳では無さそうな供述だったりして
理解し難く、たとえその供述が「本当」だったとしても
むしろその「供述」のために死刑が妥当だったんじゃなかろうか.



最近厳罰化の流れが進んでるので
終身刑でも作ったほうがいいんだろうねぇ…
刑期中に稼げる金銭は税引き後、全て遺族に渡るとかして.

まぁ、私は基本的に死刑ありきで考える人だから
飲酒運転によるひき逃げとかも死刑でいいと思っているわけですが.

もちろん、自分はそんなことを起こさないという前提でね.

無駄に留置して税金食われるのもバカらしいし
「刑務所の生活のほうがまだマシだから犯罪」っていうバカもいるくらいだから

どっかの小説じゃないけど、極論を言えば
「極悪人に人権は無い」でいいと思うのですよ.

まぁ、裁判員制度が始まるわけですが
本村さんが仰ってるように
「個々の案件ごとに、その事由を考え量刑を判断する」ことが必要であって
こういった重大な事件に関しては判例は参考にならないと思った.

軽犯罪であれば判例を参考にしていいと思うんだけど
殺人とかで「以前の判例と同じ犯罪」ってのは
そうそう無いと思うんだ.





さて、難しい話はやめてゲームでもするかな(・ω・)
posted by CaY at 20:58| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 【ひとりごと】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94295165
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

光市母子殺人事件の判決から考える
Excerpt: 帰宅してパソコン立ち上げ、ブログの管理画面を開いてみたら、昨年5月27日にアップ
Weblog: スタヤーチ 激穏・硬軟・甘辛ブログ
Tracked: 2008-04-26 14:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。